どうして「ノンシリコン」なのか

髪がツルツルになるシリコンを、あえて添加していない。それが、ノンシリコンシャンプーです。
触り心地が良くなるのに、どうしてそれを入れないのか?
その上、なぜ使う人が増えているのでしょうか。
とんちのようですが、それはシリコンが髪をコーティングしてしまうから。
低価格のシャンプーには、低価格の洗浄剤が配合されがちです。
安いけれど洗浄力が強い洗浄剤の中には、キューティクルや髪の表面に近い層を傷めてしまうものもあります。
シリコンにはコーティング効果はありますが、美髪成分はありません。
髪は洗浄剤で傷んだまま、その後に与えるトリートメントの栄養成分もシリコンの膜に阻まれて、内部に届きにくくなります。そしてまた、トリートメントに含まれるシリコンでも膜が強化されて…のエンドレス。
その悪循環を断ち切るために、ノンシリコンシャンプーを選ぶ人が増えたようです。
また、顔や背中のにきびに悩んでいた人が、シャンプーをノンシリコンに変えて、症状が軽くなった事例もかなりあるようです。
これは、シリコンが皮膚に残りやすい性質を持っているため、すすぎきれなかったシャンプーがニキビを誘発していたのだろうと考えられます。
こちらは一概にシリコンが悪いのではなく、単純にノンシリコンはすすぎ易いというメリットがある、と解釈した方が良いような気がします。
それから、これは髪の健康とは少し離れるのですが、ヘアカラーやパーマの問題があります。
シリコンでコーティングされた髪の毛にはカラー剤が入りにくく、パーマもかかりにくいというデメリットがあります。
美容師さんがノンシリコンを勧めるのには、そういう理由もあるようです。

ノンシリコンの噂、本当?

ここまででお分かりかもしれませんが、シリコンシャンプーが絶対悪!というわけではないのです。
髪や頭皮、肌にトラブルが生じたとき、新しい選択肢として取り入れて、良い方へ向かった人が多くいる。
このことが、シェアを広げている本当のところです。
そして、シリコンの特性を理解すれば、ノンシリコンシャンプーのデメリット的な噂の真相も分かりますよね。
よくある「ノンシリコンはぎしぎしする」という声です。
これも「ノンシリコンを使うと手触りが悪くなる」のではなく、「手触りを良くするためのシリコンが入っていない」という、ごくごく当然の結果なのです。
髪が傷んだり痩せることを思えば、ノンシリコンシャンプーを使ってみたい。それでも、手触りの良さはやはり捨てがたいものです。
どうすれば良いか、解決の鍵はシャンプー後のトリートメントにあります。
ほとんどのシャンプーは、隣り合わせて揃いのトリートメント(もしくはコンディショナー)が売ってあります。こちらを選ぶのも1つの手です。
このとき、トリートメントにもノンシリコンの表記があるか確かめましょう。シャンプーはノンシリコン、トリートメントはシリコン入りの製品もいくつかあります。
もう1つは、セット売りでない、まったく別のノンシリコンのヘアケア商品を試してみる方法です。
オススメはヘアオイル。
大抵はシャンプーやトリートメントのコーナーの隅にひっそりと置いてあります。
椿油や杏油、スクワレンオイルなどがそうです。
椿油は、お相撲さんの髪を結うイメージが強いかもしれませんが、口コミ系美容サイトのヘアケア部門で何度も一位に輝き、昨今その効果が見直されつつあります。
シャンプーをネットで泡立てるときにオイルを垂らして一緒に泡立てて髪を洗う、髪を乾かす前になじませる、など、使うタイミングや方法も様々です。
自分に合ったケア用品と、お手入れ方法を見つけて、健康で美しい髪を手に入れましょう。

「無添加」の定義

見た目に美しければいい、味が美味しければいい、という時代が終わろうとしています。
健康的に楽しく、そして女性は美しく生きていくために、多くの人が、より自分の体のためになる商品を手に取る選択肢が増えました。
レストランやスーパー、ドラッグストアなど、日常の様々な場面で「無添加」「自然」「オーガニック」などの文字を見かけます。
美容や健康に良さそうだからと手にとりがちですが、いざ言葉の意味を聞かれると分からないものが多くありませんか?
「オーガニック」と「有機」の違い、「自然農法」と「無農薬農法」の違い。
例を挙げるとキリがありませんが、中でも「無添加」の定義はその時々でまったく違います。
無添加化粧品、無添加食品、無添加シャンプー。
こうして並べて見ると分かりますが、「無添加」の対象物はかなり幅広いです。
そしてさらにややこしいことに、無添加シャンプーAから「添加物」として取り除いたものを、別の無添加シャンプーBには配合されていたりします。
つまり、何を添加物と呼ぶかは、「無添加」を記載する側が決めていいのです。
「無添加と書いてあるから」という理由だけで商品を選ぶことは、実は何も選んでいないのと同じというわけです。
無添加にすれば良くなると思っていたのに髪や肌の不調が続いているとしたら、それは「無添加」の選び方に原因があるかもしれません。
色々な「無添加」がある時代、自分で自分の体のために選びたい、無添加の基準を考えてみましょう。

無添加シャンプーのメリット

シャンプーに限って考えたとき、「無添加」の対象になるものはいくつかあります。
今話題のノンシリコンシャンプーも、見方によってはシリコン無添加シャンプーです。
でも、こちらはあまり無添加シャンプーという言い方はされません。「何も加えていない」より、「何かを加えていない」方が商品のアピールポイントだからです。
ややこしくなってきましたね。
実は、無添加シャンプーをうたう商品の多くが指標としている基準があるのです。
それは「旧表示指定成分」。
シャンプーや化粧品の市場が広がるにつれ、アレルギーや皮膚疾患などの健康被害が問題となりました。
そこで国はアレルギーの原因となり得る成分を指定し、それを配合する商品には成分名を明記するよう定めました。
なぜ「旧」かというと、今はすべての成分を表記するようになったから。
化粧品などに使う材料が増えすぎて、どれがアレルギーの原因になるのか、把握するのが難しくなってしまったのです。
つまり、「とりあえず何が入ってるかは全部書いてるから、後は自己責任で選んでください」ということ。
でもだからといって、国やメーカーが手を抜いているわけじゃないんです。
企業の努力によって、化粧品の質は格段に向上しました。
指定成分の多くも、改良を繰り返して質が良くなりました。でも、一度「悪い」とされていたのに「もう大丈夫!」と言われても、どうしても疑わしく思ってしまうというもの。
この2つの理由から、表示の方法が変わったというわけです。
旧表示指定成分を気にする人がいることも、無添加の基準にするメーカーが多いこともうなずけますよね。
そういうわけで、この指標に沿った無添加シャンプーのメリットは、皮膚トラブルやアレルギーを起こしにくいところなんです。
美髪を目指していた人には何だか拍子抜けかもしれませんが、健康な頭皮環境が美しい髪を生むことには変わりありません。
実際に頭皮トラブルに悩んでいる人は、ちょっと試してみたくなったのでは?

トリートメントも「無添加」

成分にこだわってシャンプーを選んだら、トリートメントにもこだわりたいですよね。
もちろん、シャンプーと同じように「旧表示指定成分」無添加トリートメントもあります。
でも、どうせならトラブルを防ぐだけではなく、美しい髪のために、しっかり栄養を与えてあげたいのが女心というもの。
そういう方には、シャンプーとセットのトリートメントでまず髪を整えてから、さらに髪に栄養を与える方法をオススメします。
ラインにこだわらず、他に目を向けると、驚くほど色んな「無添加」トリートメント法が見つかります。
まずはヘアオイル。椿油やあんず油など、トリートメントの棚に置いてあるものから試してみましょう。せっかく無添加シャンプーで洗ったのですから、ここでも100%植物オイルを選ぶことをオススメします。
使い方は、ドライヤーをかける前にかるく馴染ませるだけ。つけすぎるとベタベタするので気をつけましょう。
化粧品の材料を売るお店や、ネットなどでも、髪や肌をケアしてくれるオイルがいくつも見つかると思います。
植物オイルの他に、馬やエミューに代表される動物性のオイルもあります。髪の毛用の泥パックなども試してみると良いかもしれません。
これらのほとんどは、スキンケアやボディケア、マッサージにも使用できるので、一本お気に入りを見つけたら、全身に使えてお得感があるのも良いですね。
ナチュラルケアで、美しい髪を手に入れましょう!

どんな泥を使うのか

シャンプーよりコンディショナーより、やっぱりトリートメントにこだわりたい!
カラーやパーマを楽しむなら、トリートメントの質は妥協できませんよね。
化粧品のように、トリートメントもジプシー状態…という人も少なくないはず。
試したい商品を全部買うわけにもいかない手前、買う前に品質をきちんと知りたいし、出来ればリーズナブル、そして何より、効果抜群のトリートメントが欲しい。
そんな方にはおすすめしたいのが、「泥」です。
泥パックの他、クレイパックという呼び方もされています。こちらは聞いたことがある人も多いかもしれません。
泥というと、トリートメントと結び付かないばっかりか、何だか美容と正反対のイメージな気すらしますよね。
でも、心配はいりません。パックに使うのは、海底や地中深くで、長い時間をかけて磨き上げられた「粘土」なのです。
ところで、粘土って、茶色だけだと思っていませんか?
ネットの化粧品素材屋さんなどで調べると、きっと驚くはず。
黄色や黒など、茶に近い色はもちろんですが、ローズ色やピンク色もあるんです。
もちろん、着色ではなく、自然な色。
詳しい美容効果やトリートメント効果については後ほど触れるとして、泥のすごいところは、この色の種類だけ効果も幅広いというところです。
さらに髪や地肌、顔、体と幅広く使えるすぐれもの。髪に合わなかったとしても、別の場所でもトライできて、「買い損」になる可能性がとても低いのです。
効能や使用感が分かってくると、クレイを使って自分でチークなどのメイクアイテムまで作っちゃう人も珍しくないとか。
アロマテラピーや自然派化粧品のお店などで簡単に手に入れられるので、迷う前に、ぜひ一度試してみましょう。

驚きの泥の美容効果

色によって効能が違う泥。
もちろん、共通している部分もあります。
泥パックに使う粘土は、ざらざらと粒子が粗く、また汚れが付着している地表近くの泥と違い、とても粒子が細かく、地肌を傷つけない滑らかさです。
お肌に乗せると、まず、皮膚の上、また体内に溜まっている毒素や老廃物を吸い取ってくれます。
その威力は抜群で、ヨーロッパでは古くから医療にも使われていたほど。
今でも内服薬として泥を利用する地域がある、世界各地で認められたデトックス効果なのです。
そして毒素や老廃物がなくなった体は、泥の持つ豊富なミネラルや栄養分をグングン吸収します。
この2つの効果に、泥によって違いがあるというわけです。
髪と地肌にとりわけ効果的な泥をご紹介します。
まずはブルークレイ。髪のベタつきが気になったら使ってみましょう。
汚れの吸着力が泥の特徴ですが、その作用がとても強いのがこの種類です。
地肌になじませると、毛穴の余分な油脂を取り除き、肌を引き締めてくれます。
そして、イエロークレイ。こちらは、髪や地肌のパサつきが気になるときのケアに。
ブルークレイとは反対に吸着力がおだやかで、水分を補給する効果もあります。
さらに、紫外線ダメージをケアしてくれるので、日に当たり過ぎて髪がパサパサしたり、頭皮がヒリヒリ痒くなってしまった時にも使えます。
ただ、購入時に意外なトラップになるのが、泥の長所でもある種類の豊富さ。
お店でイエロークレイを探しても、そもそも黄色い泥だけで2,3種類置いてあって迷ってしまうかもしれません。
あるいは、調べていたのとは違う名前がついていて混乱してしまうかも。
購入にあたって迷ったら、店員さんに納得いくまで質問をして、満足できる買い物をするようにしましょう。

サロンで、自宅で、お試し

購入したら、早速使ってみましょう。
使用する泥の量は、大匙2~3が適量です。髪の量や長さによって、調整してみてください。
これを薬局で売っている精製水か、お気に入りのフローラルウォーターで溶きます。
泥と精製水(フローラルウォーター)の対比は、2:1ぐらいがベスト。
1つの器に入れたら、5分ほど置いて泥を柔らかくします。
次にこれを混ぜるのですが、さらに効果をプラスしたいなら、精油を1,2滴垂らしましょう。水と油が分離しないよう、しっかりと混ぜて下さい。
専用のすり鉢やベラ等を使用しても良いですし、気にならなければ、家にある小鉢とスプーンでも代用できます。
スプーンは、金属製だと変質するおそれがあるので、プラスチックか陶器を使用しましょう。
出来あがったヘアパックは、まずは肘の内側に少し乗せ、5分ほど待ちましょう。
どんなに肌に優しい成分でも、誰の肌にでも合うわけではありません。ヘアパックだけでなく、肌に直接触れるものはまずパッチテストをしたほうが無難です。
待ってみて、赤くなったり、かゆみがでなければOK。
後は、しっかりと濡らした地肌と髪に塗り込み、しばらく放置して、洗い流すのみです。
余ってしまったら、ついでに顔や体にも塗ってみましょう。
泥パックはさっぱりとした洗い上がりなので、初めて試すには夏が良いかもしれません。
自己流に不安があるなら、サロンに任せてみるのも1つの方法です。
プロに任せれば安心ですし、何よりパックの行程をじっくり観察することができます。
人の手に一度任せてみて、自分で出来そうと思えば、次は購入してトライしてみるも良し。
やっぱり自分でするのは不安だけど、仕上がりには満足なら、続けてサロンにお任せするのも良いでしょう。
ヘアサロンの他に、エステサロンや、泥やヘナのヘアケアを専門としたサロンもあるので、自分の満足のいく形でケアしてくれるところを探しましょう。